宗重(藝州) ~広島を代表する大山鍛冶~

宗重(藝州)
宗重(藝州)
– Muneshige(Geishu) –
 
宗重は稀少な安芸国の大山鍛冶で、現在の東広島市大山峠で鍛刀していました。
両隣りの備後鍛冶と周防鍛冶は古くから作刀が盛んでしたが、古刀期の安芸国に刀匠は極僅かで、入西と左文字系の九州鍛冶が来住したと云われ、その中で最も名の知れた宗重は広島県の重要文化財にも指定されています。
銘鑑を繙くと、宗重は三代確認されていますが、いずれも現存する作品は極めて少なく貴重です。
 
この刀は身幅尋常で反り格好良く、帽子延びた鋭い造り込みで、鎬の卸は急であり、如何にも斬り込んだ際の抜けの良さを感じさせます。地鉄はよく練れた板目肌が詰むも少しく肌立ち、鎬地は柾気が強く現れ、匂口締まり、沈みごころの直刃調小乱れは、古刀らしい古雅な味わいがあり、刃縁には締まった二重刃や飛焼が見られ、観賞刀としても申し分ない出来口を示しています。
うぶ在銘の貴重な大山宗重。広島を代表する郷土刀をお探しの方に是非ともご所持頂きたい名品です。
 
裸身重量815グラム。

武蔵守藤原清貞

武蔵守藤原清貞

武蔵守藤原清貞
– Musashinokami Fujiwara Kiyosada –
 
新刀期の美濃を代表工である清貞は、初代から三代迄続いており、本刀は代別までは鑑定書に記載されていないものの、体配から初代辺りの作と鑑せられます。
姿は細身で優しく優雅であり、切先はやや延びごころで鋭さを感じさせ、杢目肌よく練れた地鉄に、匂口明るく冴えた互ノ目丁子乱れを焼き上げ、刃縁には大粒の沸が煌めき、飛焼風の刃を交え、砂流かかる等、見所多き出来口を示す一刀です。
 
附属の拵は近年新たに誂えられたもので傷み無く、手持ちバランスも非常に良い一刀故に、美術鑑賞刀のみならず、居合等の片手操作にも適しており、二尺四寸を超える刃長も魅力的です。
 
裸身重量614グラム。  拵に納めて鞘を払った重量931グラム。

豊後住本荘鉄心士國行作 昭和六十年九月日

豊後住本荘鉄心士國行作 昭和六十年九月日
豊後住本荘鉄心士國行作 昭和六十年九月日
– Bungo ju Honjo Tesshinshi Kuniyuki saku –
 
本名本荘鉄男。大分県日田市三芳小淵町で作刀。戦時中には陸軍奨励賞を受賞した経歴を持つ名工です。
大板目肌が柾流れ、総体的に柾気が強く、肌立った地鉄に、匂口明るく冴えた直刃を焼き、刃縁には解れ風の刃や湯走、打除等が見られ、金筋を交えるなど、総じて大和色濃い作品です。
 
裸身重量801グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,115グラム。

美術刀剣刀心 諸工作受注に関する変更のお知らせ

美術刀剣刀心ご利用のお客様に、現在多大なるご迷惑をおかけいたしており、大変心苦しく思っております。

現在大幅な納期の遅れが発生しており、また、私も多忙につき、逐一の御報告並びに各職方への指示管理が行き届かない状態にあります。

つきましてはお急ぎの諸工作に関しましては、納期をお約束することができかねますので、諸工作の受注はお引き受けできかねます。

また、これまで私が納得できない仕事に関しては、何度も作り直させたり、研磨も二度、三度と直したり、時には疵が出ても補償無しという条件でお引き受けした武用新作刀に関しましても、自腹をきって疵が少ない刀を再度鍛えさせるなど、見えないところで全て自腹を切って頑張って参りましたが、特に居合等の武用に関する低予算の諸工作に関しましては、毎回のように数万~数十万円の赤字を出し続けております。

残念ながらそのような私の影の努力は、当然ながらお客様には伝わっておらず、納期に関する御催促と責めに正直疲れました。

今後は完成品のみの販売を心がけ、諸工作に関しましては馴染みのお客様で、二年でも三年でも余裕をもってお待ち頂け、逐一御報告ができない私の悪しき性格にもご理解を頂ける方からのご用命のみお引き受けしたいと思います。

私の力不足でご迷惑をおかけしておりますお客様には、この場でも重ね重ねお詫び申し上げます。

ご了承の程宜しく御願い致します。

 

美術刀剣 刀心  店主 町井勲

無銘 ~研磨仕上がったばかり~

無銘 ~研磨仕上がったばかり~

無銘
– Mumei –
 
杢目鍛えの地鉄が肌立ち、腰が開いた互ノ目乱れを焼き上げた作品で、刃縁には砂流や金筋、足等の働きが見られ、美術鑑賞刀としてお楽しみ頂ける出来口です。
当店にて美術鑑賞用上研磨を施しましたので、研ぎ上がったばかりの地刃の冴えを存分に御堪能頂けます。
 
裸身重量442グラム。  拵に納めて鞘を払った重量654グラム。

金重(金象嵌銘)

金重(金象嵌銘)
金重(金象嵌銘)
– Kaneshige –
 
杢目肌良く練れて詰んで少しく肌立ち、匂口明るく覇気ある互ノ目乱れを焼いた作品。刃中よく働き、砂流交え、殊に指裏物打より先の刃中の変化は見事。
 
金重の金象嵌銘は不同意なれど、出来良く美術鑑賞刀としてお楽しみ頂けるばかりか、金象嵌銘の雰囲気を満喫頂ける一刀です。
勿論金象嵌銘を消せば保存刀剣鑑定書が交付される出来口です。
 
裸身重量398グラム。

河内大掾國定

河内大掾國定
河内大掾國定
– Kawachi daijo Kunisada –
 
國定は美濃の名工兼定の流れを汲む会津兼定一門の刀工で、俗名を古川孫太夫。正保中河内大掾を受領。刃味に定評があり、業物指定されています。入道兼定の弟としても知られます。
 
この脇指は杢目肌良く練れて詰み、少しく肌が立ち、鎬地は柾が強く現れた地鉄に、匂口明るく冴えた湾れ調子に互ノ目を交えた刃取りで、刃中には金筋が見られます。
 
※未鑑定刀ですが、保存刀剣審査受審の価値はある一刀です。
 
裸身重量464グラム。

加州住兼則作 貞享二年二月吉日

加州住兼則作 貞享二年二月吉日
加州住兼則作 貞享二年二月吉日
– Kashu ju Kanenori saku –
 
加州兼則は美濃を本国とする刀工。美濃の刀鍛冶は優れた作刀技術を買われ、古刀末期から新刀初期に諸国の城下町へ移住し、兼則同銘工は上杉氏の越後国春日山、朝倉氏の越前国一乗谷、越前松平氏の福居地、越中富山、尾張名古屋、信州など近隣諸国へ展開しました。
 
この脇差は志津三郎兼氏の流れを汲む炭宮派作之丞兼則の作で、江戸初期の寛永頃、金沢城下に移り住んで鎚を振るい、その刃味鋭く、大業物としてその名を馳せた名工で、地鉄は小板目が良く練れて詰んで細かな地沸が付き、小足頻りに入った中直刃を巧みに焼き上げた作品です。
 
店主 町井勲からの一言。
刀剣趣味人憧れの大業物! 年紀入り在銘の加州兼則のご紹介です。精美な地鉄が見事な一刀で、先日研ぎ上がったばかりの綺麗な逸品です!
研磨は美術観賞用上研磨を施しておりますので大業物の出来を存分に御堪能頂けます!!
 
裸身重量525グラム。

信濃守弘包

信濃守弘包
信濃守弘包
– Shinano no kami Hirokane –
 
初代弘包は元和頃の人で名を文殊八郎右衛門と称し、奈良手貝町より伏見へ移り、後に大坂に住したと言います。二代は寛文頃に活躍し、名を市之丞と称し、江戸にても刀を鍛え、包永十一代孫とも銘切ります。
 
この脇指は小板目肌が肌立ち、刃縁の柾肌に絡んで幾重にも砂流を重ねた互ノ目乱れを焼き上げており、繊細な簾刃のような出来口を示しています。
 
※未鑑定刀です。銘に関しましては真贋保証無しとさせていただきます。
 
裸身重量413グラム。

無銘 ~出来良い乱れ刃~

無銘
無銘
– Mumei –
 
大磨上無銘ながら出来の良い脇指。鎬の卸が急で、斬撃の際の抜けの良さを求めた感があります。
地鉄は板目肌柾流れて肌立ち、飛焼を交えた明るく冴えた互ノ目主体の刃を焼き上げ、刃中には砂流が顕著に見られ、三日月形の刃や楕円形に飛焼がかった刃が、あたかも水面に落ちる滴の一瞬をとらえたかのよう。なかなかに趣ある出来口ですので、保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
附属する拵は数寄者が誂えた比較的若いものですが、傷みが無く綺麗で、出来上がったばかりと言っても過言ではない良い状態です。
 
裸身重量391グラム。  拵に納めて鞘を払った重量650グラム。