Panasonic shaver with Isao Machii

パナソニック ラムダッシュ動画、ショートバージョンのご紹介です。

Panasonic ラムダッシュ with 町井勲

パナソニック ラムダッシュ
パナソニックのラムダッシュが凄い!!
パナソニックの新たな試み!!!

京都建勲神社船岡大祭

10月19日、京都にある建勲神社船岡大祭にて、古式砲術演武を奉納させていただき、長男友哉も初陣を飾らせて頂きました。
でも、初陣と言って良いのかどうかわかりません。
何故なら長男は4歳頃に既に鉄砲隊の愛知県遠征で既に参陣しているからです。
長男初陣
こんなに小さかった長男が…

長男と
今ではこんな体格に(写真左が長男友哉)

この日初めて火縄銃を撃つ長男。弾込めに手こずるため、初回の演武では三段撃ちには参加せず、二回目の演武でようやく三段撃ちに参加できました。
不発を出す事無く全弾撃てたので何より何より。


船岡大祭開催の儀。床机はバッテン向きではなく、正しく正面に向けて座す。


鉄砲足軽が一人もいない侍大将クラスばかりの鉄砲隊(笑


火縄に火をつけてもらう。古式にのっとり火打石を用いて… ではなく、文明の利器、100円ライターが活躍する。


演武の解説にも文明の利器、マイクが活躍する。相馬野馬追のように士言葉の大きな声で解説したいところだ。


この日一発目の発射準備。


火蓋を切る。


私も息子も鎧通しを帯びていない。何故なら… 所望されるお客様にお譲りしてしまったからだ(苦笑


火がついた火縄をてにする長男の姿は、何故か煙草をふかしているヤンキーにしか見えない… と思うのは私だけだろうか(笑


礼は腰を曲げるのではない。軸を保ったまま頭が下がるように身体を捌くものだ。


記録係として同行した美術刀剣 刀心スタッフS君。


長男… 一応立派な若武者だ(笑


銃床に革覆を装着していない者は、火縄銃と言えども銃床を地につけない。これ、当たり前のことです。戦国時代の戦場でならいざ知らず、今の時代に杖太刀ならぬ杖銃?…ありえない(ガリレオ湯川教授


初陣?を記念して長男による単独演武。

昨夜の大阪北道場定例稽古の様子

動画をご覧頂き、ご興味を持たれましたら幸いに存じます。

ふにゃふにゃのスポンジ剣で相手を倒す! これが修心流居合術兵法だ!!

ここのところネチネチとネットにこう書かれます。

「英信流の免許皆伝を得たわけでもないのに勝手に無双直伝英信流町井派を名乗っていた。」
「他流を批判するくせにフルーツやBB弾を斬るのはOKなのか?」
「英信流の和術(体術)は一切習得していないんでしょ?」

以前にも記しましたが、現代の英信流(連盟居合)には何の価値も見出せません。もはや武術ではなく、ただの形競技スポーツですから。
その形競技ですら本物の形が出来る人は皆無と言って良いでしょう。

己がこの人は!と思える人物、技量の持ち主がいない以上、現代英信流を修業する価値は無い。そう判断したからこそ私は守破離の離に達し、己自身で業を磨いてきました。

今回ご紹介するのは昨夜の大阪北道場での稽古の様子です。
柳原の希望で居合柔術の稽古に終始しました。
その中で相手の軸を奪うと言う事がどれだけ大切なことなのかを教授すべく、ふとした思いつきから子供のチャンバラ用玩具であるスポンジ剣を使って相手を倒すという稽古を行ったものです。

力で攻めればスポンジ剣は撓るだけ、或いは中に入っている細い樹脂の芯が折れてしまいますが、正しく身体を捌き、刃筋を立てることができていればあら不思議。ふにゃふにゃのスポンジ剣すら立派な得物となるのです。

修心流居合術兵法ではこうした身体捌きを学べます。

ウィキペディア 修心流居合術兵法

10月13日 1:40 現在のウィキペディアでの修心流居合術兵法の記述。

修心流居合術兵法(しゅうしんりゅういあいじゅつひょうほう)は、町井勲が創流した新興の居合流派である。無双直伝英信流の免許皆伝を得ることなく無断で無双直伝英信流町井派を名乗った後、実の妻の助言に従い改名して創流された。

表芸は居合だが、町井が交流のあった大東流合気柔術を取り入れ、居合の動きを体術に体現化した居合柔術も特徴の一つである。古英信流の技術の復元を目指し、町井の独自の研究を盛り込んだ実験的な流派である。

ウィキペディアは誰もが追記改編できるシステムなので、悪意ある方が時々記述を変えてしまう(苦笑
元の文面に修正したところで、悪意ある記述に改編されるというイタチごっこの繰り返しなので、上文に対してここで皆様に私の心中を記述致します。

修心流居合術兵法は平成に創流しましたので新興流派と表現される分には異論ありません。
無双直伝英信流の免許皆伝を得る事無く無断で無双直伝英信流町井派を名乗ったとありますが、英信流の宗家を名乗る者が乱立し、業は乱れ失伝した現英信流に微塵たりとも価値は見出せません。そもそも私自身が「この人は!」と思える腕達者が存在しないのに、何が免許皆伝を得ることなくでしょう(笑
実力無い者や実力が無い者の集まり(連盟)から出される免許皆伝に何の価値があるのでしょう?
とかく島国根性とでも言いましょうか、現行の連盟居合保守派の方々や夢を見ている人々は、伝統や文化という言葉をかさに着てふんぞり返り、自分達の居合から少しでも離れた所作をする者を異端視する傾向にあります。

私が無双直伝英信流町井派を名乗ったのは、現英信流の所作や理合が物理的にも理に適っていないファンタジーなものであるため、それらと同一視されたくないという信念からです。

で、実の妻の助言に従いとありますが、実の妻ってなんですか?(笑
私が今共に暮らしているのは愛人ですか?(笑

上文では「免許皆伝を印可されていないのに無双直伝英信流町井派って名乗るのはよくないよ。」と言う様に妻に諭されて改名創流したように受け取れますよね。
実際には妻の助言というよりは提案が正しく、その提案とは「英信流を名乗る限り、あなたの居合は連盟の英信流しかしらない人達から間違った英信流だと言われる。いっそのこと全く異なる流派名に変えたほうが自由に居合を研究できるのではないか?」と言うものでした。

私は修心流居合術兵法と名を変えた後も、サブタイトルのように無双直伝英信流町井派の名は使っています。何故なら私が門弟に伝えている居合形は英信流そのものだからです。
解り易く言えば、英信流の形の中でも、初伝の形に関しては「大森流」と呼ぶのと同じです。
私が編纂構成した居合形や組居合形、剣術形など様々な物全てをひっくるめて修心流居合術兵法であり、その中の一部の形は「無双直伝英信流町井派」というわけです。

さて引き続き記述しますが、「表芸は居合だが、町井が交流のあった大東流合気柔術を取り入れ…」と言う一文。確かに大東流の先生方と交流がありましたが、私の居合のベースは大東流ではありませんし、大東流のみを取り入れたわけではなく、交流があった様々な流派の先生方の所作をヒントに独自に発展したものです。ここのところ勘違いしないで頂きたい。

実験的な流派… これ、どう言う意味でしょう? 私が興した修心流居合術兵法は実験的なものではありません(苦笑 進化し続けてはいますが(笑

ひとまず、現時点での反論を記述させていただきました。
ウィキペディアにある記述が全て正しいというものではないことを覚えておいてください。
何しろ系譜捏造の似非古流派や団体ですら、ウィキペディアにページは作れるのですから。

中心捕り

子沢山な割りに誰一人として自分から居合を学ぼうとはしない町井家の子供達の中で、珍しく五男が最近自分から積極的に居合の稽古に参加しています。

長らく箪笥の肥やしとなっていた子供用の稽古着を引っ張り出し、五男に着せたところ大層喜んでいました。

動画中、私が五男相手に指導するのを見て、

「子供だから体格の差もあって簡単に業がかかる」

なんて思われる方もいるかもしれない。

しかし、現実はその逆なのです。

子供程業をかけにくい者はいないのではないかと私は思っています。

ですから『子供相手に業がかかるようなら本物』と言う一つの目安と言っても良いかと。

業をかけられた五男から発せられる言葉にご注目頂ければと思います。

木造十二神将立像に対する疑問

天心流兵法の鍬海氏が、ブログで下に紹介する画像を指し、あくまで自説の杖太刀なる所作が当然のように昔からあったと、とんでもない情報を拡散している。

木造十二神将立像

この一例だけを挙げて杖太刀なる所作があたりまえのようにあったとするのは大変危険な発想であることを皆様には覚えていただきたいのです。

私も閑ではないので仔細には書き綴れませんが、ご興味ある方は十二神将について自身で検索してみてください。
抜き身の剣を地に立てているものは殆どありませんし、上に紹介した画像の立像が手にする剣は、後補っぽく感じられます。
後補であれば当然のことながら後世の人の思い込み、勘違い、調査不足も含まれます。

例えば同じ十二神将立像でも、下に紹介するものを見ると…
十二神将立像2
手にしているのは三鈷柄付剣であり、切先は地につけずに宙に浮いています。

常識的に考えてみて下さい。
敵を突くのに必要不可欠なる切先を、わざわざ地に着けて切先先端が傷むような所作をするでしょうか?
また、剣は日本刀に比べて刃長は短いもの。仏教がインドから中国を経て日本に渡ったことは皆様もご存知のはずですが、中国の遺物に見る剣を見ても、刃長は日本刀ほど長くはありません。そういった事実から見ても、今回ご紹介した立像としては、後者の方が自然であると私には思われ、剣を杖にしていると言うよりは、三国志等の中国を題材にした映画やドラマの中に見られる、剣を握ったままの礼に似ているようにも思えます。

更に詳しいことは仏像や仏教の研究者にお任せするとして、私は己が発信した情報に過ちがある可能性を示唆されても、頑なに的外れの資料を出して、さも正論のように言い訳を発信する天心流兵法の姿が好きにはなれません。

十二神将の構図が杖太刀であるとする天心流兵法が流す情報を信じるか信じないかはあなた次第。

修心流居合術兵法 通信講座

通信講座10月号

写真:通信講座の解説場面

 

修心流居合術兵法では遠方にお住まいのため、頻繫に通えない門弟や、毎週稽古に参加するも、更に自己鍛錬を積みたいという門弟のために、毎月通信講座の動画を配信しています。

今回の10月分配信の動画と稽古課題目標の一言は以下の通りです。

 

・1-1前敵おさらい
・組居合脇指居業之部2本目 陽 を比較する

今月はとにかく前敵!
前敵を余計な音を発することなく抜刀、納刀できるように、丁寧に何度も稽古しましょう。
速さに頼らないように。速さや力に頼ると正しい身体捌きは身につきません。
居合は刀の抜き差しではなく、己の身体捌きを理想のものに正すため、刀と言う定規(矯正器)を用いて自己鍛錬するものであることを忘れないで下さい。

 

と、毎月このように動画と稽古課題に対する一言を沿えて門弟に配信していますが、通信講座は業の理論、解説、実践を全て動画で伝えるため、言わば秘匿とすべき情報の流出でもあります。

そのため、希望する人全てが受講できるわけではなく、現在は8名の門弟のみが受講を許されています。

今回配信の動画では抜付における非常に大切なポイントを門弟達が身につけてくれたらと思っています。

仕太刀の目線から見る修心流居合術兵法組居合

仕太刀の目線で修心流居合術兵法組居合を見る。