収録に向け刀を研ぐ

IMG_7875

刃毀れするかもしれない。

一生懸命した仕事が、一瞬にして無駄になるかもしれない。

そんな虚しさと戦いながら、せっせと収録に備えて刀を研ぐ。

上研磨下地を施す必要は無いと言えばない。

斬れれば良いのだから…

でも、手を抜くことができない性分なもので、ついつい真面目に研いでしまう自分がいます。

 

時間の都合上、半分より上、鎬地は極力いじらず、見せ所はしっかりとキメる。

カメラでのアップにも耐えうるよう、横手際も引き立たせる。

 
IMG_7876

改正砥(#1000)をかけ、横手際を攻めている途中。

まだ横手が定規で真っ直ぐに線を引いたようにはなっていません。これでも充分といえば充分なのですが、自分自身が妥協を許さず…

 

IMG_7878

 

丁寧に改正砥で横手際を攻める。腕の見せ所である横手、三ツ頭、三ツ角。

徐々に真っ直ぐな線になってきました。
IMG_7879

徹夜で研磨し、朝方少しだけ仮眠をとるつもりが、目覚めると13時…

時間が迫っているので指裏は… 帽子の研磨をここまでしっかりとすることを諦めました。

致し方ありません。

IMG_7880

カメラでのアップはこちらの指表面でお願いすることにします。

 

これで終りではありません…

リハーサル用のもう一振、将大刀の研磨にこれから着手します。

今夜も徹夜で明日は新幹線で仮眠となりそうです。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA