刀 岡田兼定作

刀 岡田兼定作
刀 岡田兼定作
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/521/00.html

栗原彦三郎先生は、現代刀の普及啓蒙と多くの現代刀匠達の、たっての強い希望により、昭和17年(1942)に現代刀匠の暫定位列表を定められました。帝展、共進会、新作日本刀展覧会などの得点表・受賞歴などを基礎に300余名の現代刀匠が掲載されており、作位は「神品の列」「貴品上位」「貴品の列」「上工の上位」「上工の列」「良工の上位」「良工の列」の七段階に分けられました。
この刀を鍛えた岡田兼定は、その位列の中で 【 良工の上位 】 良業物 小結格に名を連ねる刀工で、美濃伝らしい尖りごころの互ノ目乱れを、二つ一つ一組に、規則正しく、且つ、匂口明るく冴えた刃を焼いています。
当時の軍刀寸法で打たれた刀だけに、現代人には短い寸法ですが、しっかりとした拵に納まってこの価格なら大変お求め易いはず。これから刀剣趣味を始められる方や、短寸の居合武用刀をお探しの方に、期間限定にて応援価格で御紹介致します。是非この機会にお求め下さい。

裸身重量777グラム。 拵に納めて鞘を払った重量1,034グラム。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA