刀 予州西条住平貞重作 昭和甲寅年二月吉日 ~人間国宝高橋貞次高弟~

刀 予州西条住平貞重作 昭和甲寅年二月吉日 ~人間国宝高橋貞次高弟~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/575/00.html

 

本名、今井竹重。明治24年1月4日愛知県西条市生まれ。刀銘を鉄心入道平貞重、蚊竜子平貞重と号す。はじめ人間国宝・高橋貞次に入門し、後に総裁名誉賞、最高文部大臣賞など多数の受賞暦があり日本刀学院名誉鍛錬師範でもあった父(徹心入道平貞重)に学びました。
一文字や津田助広の作域を目指し、昭和15年の新作名刀展に入選以来、16年、17年、18年と連続入選を果たし、名工の才覚を刀匠会に示しました。戦時中は倉陸軍造兵廠の陸軍受命刀匠として鎚を振るい、その高い技量で現代刀匠史にその名を残す昭和の名工です。

本刀は貞重刀匠の上述通りの高き技量を示した入念作で、疵欠点皆無の一切の破綻無き地刃優れた一刀。良く練られた地鉄に互ノ目乱れを巧みに焼き、丁子刃交じり、総体に砂流が顕著に現れ、あたかも雲棚引くかの如きで、働きに富んだ見事な出来口です。美術観賞用の上研磨が施されており、地刃の冴えをしっかりとご堪能いただけます。

4月末日までの期間限定特別価格をお見逃しなく! 5月以降はこの価格での販売には応じられません。

裸身重量1,015グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA