無銘(青龍子兼次) ~見事な柾目肌 仙台藩工~

無銘(青龍子兼次) ~見事な柾目肌 仙台藩工~
無銘(青龍子兼次)
– Mumei(Seiryushi Kanetsugu) –
 
初代仙台兼次は七兵衛兼次といい、二代安倫の門人で、寛文・延宝頃に和泉守兼重に学びました。作品は肌物を種々鍛え業物として定評があり、二代の次左衛門尉兼次は四代国包に師事して大和保昌伝を学び、以降明治迄代を重ね、五代兼次は、号を盛龍子とも言い、仙台藩工として活躍しました。
 
この刀は五代に当たる青龍子兼次と極めらた一刀で、反り浅目で元先の差が開き、寛文新刀に似たる姿をしていますが、これは斬撃力を求めた結果の姿であり、同工には類似した姿の作品が多々経眼されます。茎は区を送って磨り上げられており、地鉄は同工然たる柾目鍛えで、あたかも素麺を並べたかの如き見事な地鉄に仕上げており、刃文は直刃が地鉄に絡んで随所に長い砂流を見せ、刃縁に細かな働きを遺憾なく発揮している。鋩子は直ぐに先掃き掛けて丸く返る。
 
手持ちは手元重心でバランスが非常に良く、扱い易さを感じさせます。特筆すべき疵欠点も無く、無銘であることと、磨り上げられていることのみが惜しまれる作品。出来芳しいため、再研磨を施し、末永く愛でて頂きたい一刀です。
元々は柄と一体型の木はばきであったものを、数寄者が手持ちの銅はばきに替えたようです。出来良い一刀故にはばきも白鞘も新調してお楽しみ頂きたく、お求めやすい低価格でご紹介致しますので、この機会に是非柾目肌の優品をコレクションにお加え下さい。
 
裸身重量776グラム。

大磨上無銘(金房) ~安さの限界に挑戦!!~

大磨上無銘(金房) ~安さの限界に挑戦!!~
無銘(金房)
– Mumei(Kanabo) –
 
金房一派は大和国にて栄えた手掻末葉の刀工群で、南都宝蔵院の僧兵に数多の刀剣を鍛え、兵衛尉政次や隼人丞正實らが著名。十文字槍で有名な宝蔵院流槍術の始祖、覚禅房胤栄の槍も金房一派の刀工の手により鍛えられました。
現存する作品は、刀や槍、薙刀と言ったものが多く、短刀や小脇指の類は少なく、作風としては元先の幅差が少ない頑強なる造り込みが多く、利刀としても優れていたため、武将達からも厚い支持を得ていたようです。
 
この刀は大きく磨り上げられ、元先の幅差はさほど開かず、切先延びた豪壮な造り込み。地鉄は板目に杢目、流れ柾を交えた地鉄が肌立ち、刃文は匂口明るく冴え、湾れ調子に互ノ目を交え、指表の刃中には葉が顕著に見られ、総体に砂流や金筋が顕著で、一部には匂口が地に向かって煙り込むような景色も見られます。鋩子は残念ながら刃が駆け出しており、直ぐ調に刃取りで繕われています。
茎には朱漆による文字が見られますが、現在では判読不明。
刀剣趣味初心者応援価格として、めいっぱい限界の安さに挑戦しました。ほぼ原価。いえ、写真撮影や編集作業を考えると赤字です。
早い者勝ちです!! お急ぎ下さい!!
 
裸身重量588グラム。

鐔13点追加しました

https://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

お好みの一枚、見つかるといいですね!!

 

任命窟(因州) ~三村一貫窟頼之弟子とも子とも伝えられる珍品~

任命窟(因州) ~三村一貫窟頼之弟子とも子とも伝えられる珍品~
任命窟(因州)
– Ninmeikutsu(Inshu) –
 
手元にある銘鑑には任命窟の名は見られないものの、『因伯の刀工と鐔』によると、三村一貫窟頼之弟子とも子とも伝え、定かではないが、茎仕立てなどより一門には相違なく、幕末に活躍した刀工とあります。
 
元先の幅差頃好く開いて切先延びごころ。手元重心でバランスが良く、杢目肌よく練れて詰んだ地鉄には細かな地景が入り、淡く映りごころが見られ、刃文は匂口明るい互ノ目乱れを、大小交互に焼き上げて、焼頭は2つ乃至3つの互ノ目に割れ、鋩子は表裏共に直ぐに先丸く返る。
※指表側の棟、区から9センチ程上のところに鍛錬疵があります。
 
附属の拵には重さ256グラムとずっしりとした雲龍図鐔が添えられ、更に手元重心に拍車をかけて扱い易いバランスになっています。
 
裸身重量790グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,212グラム。

NHK 美の壺 ~魂宿る刀剣~ 再放送のお知らせです

美の壺

【「美の壺・選」放送日】File511 魂宿る刀剣(初回放送2020/9/4)

【Eテレ】7/13 水曜 前 5:30~ 5:59 

見逃した方も、既に御覧になられた方も、是非御覧下さい。

摂州住人秀久作 平成七年十二月日 ~拵新調渡し 手持ちバランス良い一刀~

摂州住人秀久作 平成七年十二月日 ~拵新調渡し 手持ちバランス良い一刀~
摂州住人秀久作 平成七年十二月日
– Sesshu junin Hidehisa –
 
秀久刀匠は兵庫県宝塚市にて槌を振るい、華やかな丁子乱れの作を好んで鍛えました。斬れ味が良いと定評ある刀工です。
 
この刀はもと先の幅差頃好く開き、表裏に刀樋を掻き流しとし、地鉄は小板目が良く練れて詰み、地沸付いて精美。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目丁字乱れで、刃縁や刃中には砂流が見られ、太く短い足入り、蟹爪刃の如き刃も交じる。鋩子は表裏乱れ込んで先丸く返る。
手元重心でバランスが良く、拵にかければ更にバランス良くなり、片手操作に適した武用刀としても活躍してくれることでしょう。
 
※写真の拵は同図柄の金具を用いた別の刀の拵です。木綿柄巻仕上げにてお納めします。
 
裸身重量724グラム。  拵に納めて鞘を払った予想重量980グラム。

無銘(寿命) ~二尺四寸 華麗な体配 拵・白鞘・継木全て付属しています~

無銘(寿命)
無銘(寿命)
– Mumei(Toshinaga) –
 
大和系鍛冶が美濃に移り派生したと伝えられる寿命。幕末まで長く栄えた一派として著名です。刀剣界では“じゅみょう”と呼称されていますが、“としなが”と読むのが正しいようで、現存する作品の中にも“寿命トシナガトヨムベシ”と銘切った作品があったと記憶しております。
寿命と言う名に縁起良さを見出した武士達により、寿命の刀は祝賀の席での指料として、また、武家間での贈答品としても好まれました。※特に贈答には長物が好まれたと言われ、“長い寿命”と験を担いでのことだそうです。

この刀は元先の幅差頃好く開いて切先延びごころ。腰元より少し上から反り始める所謂先反り姿であり、太刀と刀を併用した体配をしている。表裏に腰樋を掻き流しており、表は二本腰樋、裏は単に腰樋となっている。杢目鍛えの地鉄はよく練れて詰むも、所々肌立って淡く映り立ち、刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れで、刃中には砂流が顕著に見られ、逆がかった互ノ目や尖りごころの互ノ目を交え、帽子は横手上迄乱れ込み、先直ぐに丸く返っています。

附属の拵は柄にガタツキ無くしっかりとしており、縁頭と目貫は菊花図で揃えられ、柄巻きは細い皮を四本で組み上げている。切羽は銀無垢の地金にて本刀に合わせて作られた真面目な物であり、鞘に施された丸に笹竜胆紋の高蒔絵がアクセントを加え、大振りの鉄地雲龍図鐺が更なるインパクトを与えます。白鞘と継木が付属しているのも高評価。
居合等の稽古に使用されることを目的とされる方には、33,000円にて武用柄を製作致します。

裸身重量784グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,006グラム。
※委託品

無銘(加州家次) ~堅牢な柄巻、華麗な牡丹塗鞘~

無銘(加州家次) ~堅牢な柄巻、華麗な牡丹塗鞘~
無銘(加州家次)
– Mumei(Kashu Ietsugu) –
 
加州家次は藤島派の刀工で、室町前期應永頃の家次を初代とし、以降室町末期まで栄えました。青江の家次と同銘であることにも由縁し、加賀青江と称されます。
現存する作品を鑑るに、極めて肌が立ち、鎬地の柾が特に荒く現れたものをよく経眼します。
 
この刀は元先の幅差開き、反りは腰元より上から反り始める所謂先反り姿で、地鉄は小板目がよく練れて詰むも、所々に粗い肌やが現れ、地景入り、刃文は直刃で刃中に鼠足や金筋が入り、食い違い状の刃も見せ、鋩子は直ぐに先丸く返っています。
 
付属の拵は柄巻を革で巻いているのでしょうか。漆をかけた堅牢な仕上げで、目貫は勝負事への縁起を担いだ勝虫図。鐔は碁石形の源氏車に桜花透かし。上品で鉄味が良く、鐔だけでも独り歩きできる良い鐔が添えられています。鞘は肥後形式で鯉口から栗形迄の距離が指一本分短く、実用面を考慮した物に牡丹塗りが施されています。柄にガタツキは無くしっかりとしており、鞘を払って構えてみると、手元重心であることからとても軽く感じられ、片手操作に適した一刀です。
 
裸身重量561グラム。  拵に納めて鞘を払った重量807グラム。

無銘 ~乱れ映り立つ大名登録刀~

無銘 ~乱れ映り立つ大名登録刀~
無銘
– Mumei –
 
元先の幅差開き、切先延びごころ。地鉄は小板目杢混じり、よく練れ、黒味がかった鉄混じり、地景入り、総体に乱れ映り立つ。刃文は区の部分で腰刃を焼き、直刃調の刃取りに緩やかな湾れを交え、刃縁よく働いて、砂流を見せ、指裏の腰刃の上には小さな互ノ目丁字風の刃が2つ混じり、鋩子は表裏共に直ぐに先丸く返る。
おそらく江戸時代になってからであろう、茎先で反りを伏せられている。刀身の棟角の所々に撓えが見られ、棟の中央付近にも撓えが見られます。
 
付属の拵は、長年栗形付近で下緒を結んでいたため、塗りの色に濃淡が現れており、元の色を見るに、製作当時には鮮やかな金梨地塗りであったことが窺えます。柄には極々僅かなガタツキが在りますが、簡単に直せます。切羽は菊花刻みの銀着せ。鞘を払って構えてみると、手元重心でバランスが良く、扱い良さを感じます。
昭和26年3月と、登録制度開始早々の3月に登録されている点からも察せられるように、元は大名家やその直属の上士の所有であったことを物語る一刀です。
 
裸身重量685グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,016グラム。

陸奥守包保 ~身幅重ね共にがっしりとした一刀~

陸奥守包保 ~身幅重ね共にがっしりとした一刀~
陸奥守包保
– Mutsu no kami Kaneyasu –
 
陸奥守包保は、鏡に映したように逆文字で銘を切り、鑢目までを逆に切っていることから左利きであったと考えられ、彼の作品は「左陸奥」と称されています。
摂津の上作刀工で濤乱刃風の作柄が多く、大阪物らしく澄んだ地鉄が特徴で、河内守國助や一竿子忠綱等と共に大阪新刀を代表する名工の一人。本国は大和で手掻の末流と言われています。
彼の門人で後に養子となった二代包保は、初銘の包重時代の作品には師の左陸奥と同じく逆文字(鏡映し)に切り、包保に改名してからは通常の右文字に銘切るようになることから、師の「左陸奥」と区別して「右陸奥」と称されています。
 
この刀は元先の幅差頃好く開き、反り気持ち浅目。身幅広目で重ね厚く、頑丈な姿を誇っています。地鉄は小板目肌がよく練れて詰み、地沸付いて地景入り、刃文は匂口明るく、中直刃や広直刃調に湾れや互ノ目を交え、幅広い湯走状の二重刃を伴い、刃中には砂流や太い金筋が見られ、刃縁の沸は地に零れて覇気に満ち、鋩子は直ぐに大丸に深く返り、棟焼きを形成しています。
 
付属の拵は、鞘の塗りに傷みや凹みが見られるも、割れ等は無く、柄もガタツキ無くしっかりとしています。鞘を払って構えてみると、ずっしりとした手持ちながらも、手元重心故にバランスは良く、扱い易さを感じさせ、昭和26年5月と、登録制度間もない頃の大名登録刀であることからも、伝来の良さを今に伝えています。
現状でも地刃の鑑賞は可能。研磨を施される場合は、是非とも特別保存刀剣鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量780グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,142グラム。