海軍士官短剣 ~軍装時のアクセントに~

海軍士官短剣 ~軍装時のアクセントに~

海軍士官短剣
– Japanese Navy officer dagger –
 
日本刀剣製復刻品。巷で見かける安っぽいギラギラした金鍍金ではなく、本歌に見紛う落ち着いた山吹色の鍍金。軍装趣味人にお奨めの一品。
鞘の長さ29.4センチ。刀身は亜鉛合金製で刃長は20センチ。
 
総重量285.5グラム。  拵に納めて鞘を払った重量187.1グラム。

備州長船祐定 天文十年八月日 ~陸軍九八式軍刀拵入り~

備州長船祐定 天文十年八月日 ~陸軍九八式軍刀拵入り~
備州長船祐定 天文十年八月日
– Bishu Osafune Sukesada –
 
反り深く、元先の差開いた上品な姿。地鉄は杢目肌よく練れて少しく肌立ち、刃文は直刃調に極僅かに湾れ、刃中は砂流や金筋が現れ、刃縁に打除風の刃や二重刃風の刃を伴い、帽子は直ぐに丸く返る。
手持ちはバランス良く手元重心。茎は斬撃力高い打刀として用いるため、棟方を削ぎ落して茎の反りを抑えています。
 
附属の陸軍九八式軍刀拵は残念ながら刀身と拵は後家ですが、金具の山吹色がしっかりと残っていて状態が良い。
 
裸身重量724グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,131グラム。

無銘(信國吉政) ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~

無銘(信國吉政) ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~

無銘(信國吉政)
– Mumei(Nobukuni Yoshimasa) –
 
京の信國派から應永頃に筑紫に移住した「定光」は、筑紫に移住後「信國」に改銘しました。この「信國」が筑紫信國の祖となり、この一派を総称して筑紫信國と呼称し、後の新刀期の筑前信國に続きます。
信國吉政には初・二代(稀に三代も経眼する)がありますが、本作は代別極め迄はなされていません。尚、二代は初代吉政の弟で新藤氏。初代同様に平四郎と称し、貞享五年八月に六十七歳で没したといいます。作風は初代同様に備前伝を得意とし、初代の作風を継承していますが、銘振りは初代に比してやや太鏨となるのが通例で、初代は銘文に「作」の字を用いますが、二代にはそれが見られません。
 
この刀は大きく磨り上げられて銘を失っています。一般的な寛文新刀体配よりはやや反りが強いところを見ると、寛永頃の初代とも鑑ることも、寛文から少し下がった延宝・天和・貞享頃の二代の作とも鑑ることができます。
切先はやや延びごころで、小板目良く練れて詰んで地沸付き、地景入って淡く映りごころがあり、刃文は下半を小振りの丁字乱れ、上半を同じく小振りな互ノ目丁字を共にこずんで焼き上げており、刃中には足が盛んに入り、細かな砂流かかり、湯走風の刃を交え、匂口は明るく、鋩子は表乱れ込んで丸く返り、裏は返りの下で互ノ目を一つ焼いて突き上げるように返っています。
指表物打辺りの鎬地に鍛筋がありますが、他には目立つ疵も無く、再研磨で見違える程良くなることでしょう。
 
附属の海軍太刀型軍刀拵は、長年使用されていたのでしょう。金具の山吹色の鍍金がかすれて使用感はありますが、兜金(頭金具)や石突(鐺金具)の桜花葉は摩耗が少なく健全。柄にガタツキがありますが、ご自身でも経木を用いて簡単に直すことが出来ますし、有償になりますが、ご用命頂ければ当店で直してお納め致します。
 
裸身重量682グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,095グラム。

國次 ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~

國次 ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~
國次
– Kunitsugu –
 
宇多派は國光を祖とし、南北朝時代に國房、國宗、國次等の刀工が活躍し、室町期に亘って栄えました。
國次は銘鑑によると國光の弟、時代南北朝、延文頃、現存作は未見という)を初代とし、室町時代後期まで同名で数代存在します。
 
この脇指は刃長の割に反りが深く、地鉄は板目肌よく練れて肌立ち、地景入り、刃文は表は直刃調子に小互ノ目を交え、裏は湾れ調子に互ノ目と互ノ目丁字を焼き、刃中には足や葉が入り、細かな砂流かかり、金筋現れ、鋩子は表裏直ぐに先丸く返っています。
※棟に鍛筋、指裏区上10センチ位上の棟角に撓が在ります。研磨ご希望の方は、中上研磨9万円(税込)にて承ります。
 
附属の海軍太刀型軍刀拵は、藍鮫の研出鞘。山吹色の鍍金の残存も良好で、相対的に保存状態が良く、柄にガタツキも無くしっかりとしています。
 
裸身重量525グラム。  拵に納めて鞘を払った重量937グラム。

備前國住長船(以下切)(清光)

備前國住長船(以下切)(清光)
備前國住長船(以下切)(清光)
– Bizen no kuni ju Osafune (cutted below)(Kiyomitsu) –
 
室町時代後期の備前長船の刀工、及びその作刀を総称して末備前と呼称します。中でも清光を名乗る刀工は数多く、五郎左衛門尉・孫右衛門尉・与三左衛門尉・彦兵衛尉・孫兵衛尉などの俗名を冠する刀工の存在が確認されており、祐定、勝光、忠光と共に末備前を代表する刀工の一人として著名で、比較的直刃の作刀が多く残されています。中でも五郎左衛門尉・孫右衛門尉の両名が最上工として名高く、数多の戦国武将に愛されました。
 
この刀は元先の幅差頃好く開いて中切先延びごころ、重ねが厚く、刃肉の豊かについた堂々たる体配で、小板目杢交じりの地鉄がよく練れて詰んで精美で淡く映りごころも見られます。刃文は清光然たる直刃で、匂口は明るく、互の目を交え、刃中には足や葉が入り、随所に顕著な金筋や砂流しを見せるなど働きが盛んで、鋩子は焼き幅たっぷりと直ぐにほぼ一枚鋩子に近い感じで先丸く返っています。
特筆すべきは室町時代の作品でありながら8mmの重ねを残し、刃肉が豊かについた頗る健全な状態であり、磨り上げられて個銘が失われていることこそ惜しまれます。指裏の鎬地に鍛え筋がありますが、現代の研磨技術ならほぼ判らなくなる程修復が可能です。
現状では打粉による長年の手入れによって拭いボケしており。地刃の明瞭さを失っていますが、こちらは化粧直しで再びパリッとなります。
手元重心でバランスが良く、美的観点のみに限らず、扱い良さも感じさせる逸品です。上述の通り、鎬の鍛え筋を修復の上、是非とも特別保存刀剣鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量753グラム。

無銘 ~島根県大名登録刀~

無銘 ~島根県大名登録刀~

無銘
– Mumei –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/1486/00.html

元先の幅差開いて中鋒、反り浅く所謂寛文新刀体配。地鉄は小板目杢交じり、よく練れて詰み地景入る。刃文は匂口明るい互ノ目丁字乱れで、刃縁には小沸が豊かに付き、足入り、砂流かかり、複雑に入り組んだ刃取りが様々な変化を楽しませてくれます。物打から先を素人が耐水ペーパーで擦ってしまっているため、はっきりとした様子は判りませんが、鋩子もしっかりと焼刃があります。

附属の拵は素銅地に金着を施したオリジナルの切羽が添えられており、鞘は焦茶系の刷毛目塗りに、小さな渦巻き状の青貝微塵散らしを施した手が混んだ作品。柄にガタツキは無くしっかりとしていますが、鐔鳴りはございます。栗形下部分、漆の塗りに亀裂が入っていますが鞘の割れはございません。鞘を払って構えてみると、手元重心で非常にバランスが良く、扱い良さを感じさせます。はばきは素赤地の二重で、組み合わせた状態での銀着せにつき、分解はできません。 昭和26年5月の大名登録刀であり、しかもこれだけ手が込んだ塗りを施してある点からも、伝来の良さが垣間見られる一刀です。 然るべき研磨を施し、保存刀剣鑑定を御受審下さい。

裸身重量755グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,064グラム。

國継 ~大きな柄の穴が眼を惹く一刀~

國継 ~大きな柄の穴が眼を惹く一刀~
國継
– Kunitsugu –
 
刃長の割に重ね厚めで内反り強く、姿は冠落としの鵜の首造りとし、表に笄、裏に丈比べの二本樋を丸留にし、茎には目釘孔とは別に大きく穴が穿かれています。地鉄は小板目よく練れて柾流れ、地沸付いて地景入り、少しく肌立ちごころ。刃文は匂口明るく冴えた直刃が、焼き幅を揃えて焼かれ、鋩子は先丸く上品に返る。
 
附属の拵は、刀身に合わせて柄に大きな穴を穿いた特異な形状が眼を惹き、柄は鮫の研ぎ出し、鞘は変わり塗りで返角が添えられており、昭和26年3月と、大名登録でも初期の登録であることから、大名、または家老クラス等の上士の指料であったであろうことが容易に窺えます。
尚、本工國継に関しましては、同銘工が複数居るため、いずれの國継かは然るべき鑑定機関の判断に委ねたいと考えますので、是非、内外共に保存刀剣鑑定を御受審下さい。
※物打辺りに目立たぬ極々小の刃こぼれ(当て傷)があります。
 
裸身重量134グラム。  拵に納めて鞘を払った重量172グラム。

目貫2点追加しました

こちらから御覧ください。
https://nihontou.jp/choice03/tousougu/menuki/list.htm

鐔20点追加しました

今回は文政三年の年紀入りの品や、記内コレクター放出品、刀剣趣味初心者にもお求めやすい低価格の品などをご紹介しています。
是非、美術刀剣 刀心WEBサイトにてお写真だけでもお楽しみください。

https://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

備州長船住祐定 ~十六葉菊花紋が伝来の良さを物語る一刀~

備州長船住祐定 ~十六葉菊花紋が伝来の良さを物語る一刀~
備州長船住祐定
– Bishu Osafune ju Sukesada –
反り浅目で元﨑の幅差頃好く開いて切先延びごころ。杢目鍛えの地鉄はよく練れて少しく肌立って映り立ち、刃文は匂口明るく、中直刃調子に互ノ目乱れを焼き上げ、小足入り、刃縁から平地にかけて煙り込むかの如く沸が散り、湯走状を成す。鋩子は表裏共に直ぐ調に先掃き掛けて丸く返る。
 
附属の拵は趣ある変わり塗りで、縁頭には十六葉の菊紋が繊細な彫金技術によって施されている。鐔や切羽もすり替えられること無くうぶのままと思われ、全体的に上品に仕上がっている。切羽は素銅地金鍍金。
惜しいことに鯉口の棟方が欠けていますが、こちらは修復可能。柄にガタツキはありませんが、鐔に遊びがあります。経年劣化によりはばきが弱っているので、観賞用としてではなく、武用刀として楽しまれたい方は、はばきを新調した方が良いかと思います。
手元重心でバランスが良く、縁頭の菊紋を見るに、伝来の良さを感じさせる一刀です。
 
裸身重量811グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,094グラム。