素槍 於東叡山麓藤原國吉

於東叡山麓藤原國吉

於東叡山麓藤原國吉
– Oite Toei Sanroku Fujiwara Kuniyoshi –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/nagae/052/00.html

國吉は江戸後期の江戸の刀工で、槍の名手山城守國重一虎に作刀を学び、直刃出来の堅実な作を打っています。茎には長曽祢乕徹の鍛刀地と同じ、「於東叡山麓」(現在の上野動物園辺り)を冠した銘文を刻しています。

この槍は刃長二寸弱という非常に小振りながらも、槍の名工國重一虎譲りの高い技量を存分に発揮した作品。茎の長さ約22.5センチ。ケラ首丸形で、ケラ首の元幅が12.0ミリ。ケラ首の元重ねが12.35ミリ。地鉄は柾目でよく練れて詰み、刃文は大粒の小沸出来で匂口は明るく冴え、刃縁には細かな砂流が見られ、先に行くに従って沸が強くなり、鋩子は直ぐ調に先丸く返っています。
登録不要寸法故に現在は槍として登録はされていませんが、保存刀剣鑑定書が交付されていることからも、名槍であることが一目瞭然。
この手の短い穂先が納められた槍としては、籠槍や大名行列時に用いる長大な柄の槍が挙げられます。この槍もその例に漏れず大名や上士の家格を示す槍の穂先として大切にされてきたものでしょう。茎には柄の材料である樫のタンニンによる発錆を防ぐため、漆が塗られています。
上白鞘を新調してお納め致します。

裸身重量80グラム。

大身槍 予州松山住下坂作

予州松山住下坂作

予州松山住下坂作
– Yoshu Matsuyama ju Simosaka –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/nagae/051/00.html

下坂派は室町末期(安土桃山時代)に始まり、江戸時代にかけて新刀を代表する鍛冶集団の一つ。「下坂」とは、この鍛冶集団の発祥の地、現在の近江国坂田郡下坂庄(現在の滋賀県長浜市下坂中・下坂浜)を指します。
下坂派の代表格である初代康継が慶長年間(1596~1615年)のはじめに、一門を引き連れて越前国(現在の福井県)に移住。そこで「徳川家康」の次男「結城秀康」から合力米四十石で雇われ、家老の「本多成重」の庇護を受けました。慶長12年(1607)に康継は、徳川家の御用鍛冶に取り立てられ、下坂鍛冶も棟梁である康継の下で繁栄し、下坂派の刀工が各地に移住して作刀しました。

この大身槍は平三角造で丸留の樋を掻き、茎の長さは約43.4センチ。ケラ首は十角形で、ケラ首の根元幅は18.9ミリ。ケラ首元部分の重ねは19.6ミリ。現在迄茎を切り詰められること無く、その堂々たる存在を現代に残し誇っています。
地鉄は柾目主体で処々杢目が交じり、地沸ついて地景入り、良く練れて詰むも少しく肌立った地鉄は美しく、刃文は直刃調に細かな乱れや互ノ目を交え、刃中には足が入り、互ノ目足も交じえて葉入り、小乱れを成し、砂流や打除風の刃も見られ、鋩子は直ぐに丸く返っています。
特別保存刀剣に認定された下坂在銘の大身槍、是非この機会に御入手下さい。

裸身重量677グラム。

素槍 於和州郡山筒井越中守輝邦入道紀充 延享三年八月日行年八十歳

素槍 於和州郡山筒井越中守輝邦入道紀充 延享三年八月日行年八十歳

於和州□□筒井越中守輝邦□□紀充 延享三年八月日行年八十歳
– Oite Washu □□ Tsutsui Ecchu no kami Terukuni □□ Norimitsu –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/nagae/050/00.html

紀充は大和文珠派の鍛治、越中守包國の子として寛文6年に生まれ、俗名を筒井輝邦と云い、始めは父の銘を継いで包國と名乗るも、 元禄の末から宝永の初め頃に入道して銘を紀充と切りました。
大阪初代吉道に師事し、初め大坂に住し、阿波でも作刀し、後に大和国大和郡山の九条に住しました。業物として名高く、銘は「筒井越中守輝邦入道紀充」「於和州郡山筒井越中守入道紀充」等と切り、延享4年1月11日に81歳で没しました。

この槍は平三角造。ケラ首丸形。茎長さ37.2センチ。ケラ首根本幅18.2ミリ。
元先の幅差頃好く槍らしい姿。地鉄は柾気強く、地沸付いて地景入る。刃文は直刃調に極僅かに広狭を見せ、鋩子は直ぐに丸く返る。
銘文の一部が判読出来ず□□としましたが、『於和州郡山筒井越中守輝邦入道紀充 延享三年八月日行年八十歳』で間違いないでしょう。
年紀を見るに亡くなる一年前の80歳時の作品で、奈良県登録であることから鑑ても解るように、長らく外に出る事無く、地元に伝え残されて来た紀充晩年作の貴重な一筋且つ名槍です。

裸身重量206グラム。

完全うぶ半太刀拵入り 刀 無銘

完全うぶ半太刀拵入り 無銘

完全うぶ半太刀拵入り 無銘
– Mumei –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/1531/00.html

反り浅目にして中切先。江戸前期に流行った寛文新刀体配である。地鉄は小板目肌杢混じり、よく練れて詰む。刃文は匂口明るく冴え、湾れ調子に三本杉風の互ノ目を交え、鋩子は横手で互ノ目を一つ焼き込み、先直ぐに丸く横手より下迄焼き下げる。

附属の半太刀拵は切羽に至る迄すり替えられていない完全なるうぶ。鐔の責金が外れているため鐔鳴りはあるも、柄にガタツキはなく、鞘を払って構えてみると、手元重心でバランスが良い。鞘塗りが傷んでいます。塗り直しご希望の方はご相談下さい。
※刀身に埋鉄在り。税込11万円にて研磨(芯出込)承ります。

裸身重量579グラム。  拵に納めて鞘を払った重量944グラム。

両鎬造素槍 越前守國次

両鎬造素槍 越前守國次

越前守國次
– Echizen no kami Kunitsugu –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/nagae/045/00.html

出羽大掾國路門。國路の子或いは門人と言う。寛永11年8月頃、江戸に駐槌。寛永14年迄に越前大掾を受領。後年越前守に転任し、晩年は肥後熊本に移り住み、肥後の林又七に鍛錬の秘奥を伝授したと伝えられ、國路との合作も見られます。

この槍は両鎬造でケラ首は円形。表に細く短目の樋を丈比べの如く互い違いに掻き、裏は短く太目の樋を腰寄りに掻いていおり、形状は刃線を軽く絞って先を張らせ、フクラ豊かに、なんとも言えぬ曲線美を織りなしています。
地鉄は柾気が強い小板目がよく練れて少しく肌立ち、堀川系であることを物語り、刃文は直刃基調に刃縁に砂流が見られ、解れ風の刃を伴い、鋩子は直ぐ焼き上げられ、真面目な研磨が施されているので、見た目にもスキッとした名槍です。
ケラ首下部15.5ミリ。茎長さ約29.85センチ。

裸身重量130グラム。

古刀再現の第一人者、藤安将平による一文字写しの太刀

古刀再現の第一人者、藤安将平による一文字写しの太刀

一 マサヒラ作
– Ichi Masahira –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tachi/100/00.html

藤安将平刀匠は昭和21年福島県伊達郡生まれ。昭和41年長野県坂城町の刀匠、故人間国宝、宮入行平師に入門。
昭和50年福島県立子山に鍛刀場を開設して独立。以後作刀の研究修練を重ね日本美術刀剣保存協会優秀賞3回、奨励賞6回、努力賞7回を受賞。平成2年には日本美術刀剣保存協会会長賞受賞。同14年日本美術刀剣保存協会寒山賞を受賞。

尾張熱田神宮、奈良護国神社など多くの神社で奉納鍛錬を行い、平成20年には、704年、佐備大麻呂の作剣以来、およそ千三百年ぶりに常陸鹿島神宮において日本刀奉納鍛錬を行う。

昭和59年秋には伊勢神宮第61回式年遷宮、御神宝太刀謹作奉仕の大役も担い、先の震災で大きな被害を受けた福島県南相馬の御刀神社復興支援にも大きく尽力され、御神宝となる直刀を謹作奉仕し、直近では福岡の宮地嶽古墳出土大直刀の復元鍛錬など、現代日本刀匠屈指の作刀技術を持っている。

平安、鎌倉時代の古刀剣再現への強い想いを持ち、長年研究修練に取り組み、国宝、重要文化財やそれに類する刀剣類、全国の砂鉄や鉄文化の知識見識も豊富で、太刀、刀、短刀、脇指、薙刀、古代直刀など、どれを手掛けても正確で美しい刀姿を造り上げる。地鉄、焼刃の手際も鮮やかで幅広い製作能力を誇り、中心鑢や銘文といった中心仕立ても現代刀匠随一で、師である行平没後、師の実子である宮入小左衛門行平(宮入恵)を預かり、弟子として鍛刀修業を積ませた経緯からも、師の信任が厚く、その技量の高さを物語っている。

近年は奈良正倉院収蔵の直刀、手鉾のなど奈良時代の刀剣類の研究、名物鶴丸國永や薬研藤四郎の復元製作にも取り組まれ、上記の御刀神社奉納直刀の焼刃などは神域に入られたと言っても過言ではない。

古刀再現の第一人者として、また、鉄をも裁断する利刀を鍛えることでもその名が高い名工藤安将平。当店々主である町井勲とタッグを組み、真の実用兼美の名刀造りに今も勤しんでいます。

この太刀は優美な腰反りの太刀姿が印象的な、将平による一文字写の作品です。
踏ん張りつくも先幅広く感じるその姿は、如何にも鎌倉武士の佩刀を連想させる力強さを持っています。地鉄は小板目杢交じりでよく練れて詰み、少しく肌立ちごころ。刃文は匂口ふわりと柔らかさを感じさせる互ノ目に丁字を交え、今現在一文字の写しとして鍛えられる現代刀とは趣が異なり、仰々しさが無く、古刀然とした自然な焼刃が織り成す景色は、近年の作品でありながらも悠久の歴史を感じさせ、刃中には足や葉が入り、鋩子は直ぐ調に先丸く返っています。
研磨コンクール上位入賞者による上研磨、上はばき、上白鞘、全ての工作を当店にて施しました。研ぎ澄まされた地刃の冴えを存分に御堪能下さい。
※将平刀匠は古刀再現を目指して鍛刀しているため、他の現代刀匠とは異なる鍛法を用います。そのため古刀然たる鍛え疵がございますが、これこそが本太刀の味と言えます。

裸身重量791グラム。

無銘 ~反り高く優雅な姿の一刀~

無銘 ~剃り高く優雅な一振~

無銘
– Mumei –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/1529/00.html

兵庫県下の旧家よりうぶ出しの一刀をご紹介致します。
反り深く、元先の幅差開いて切先やや延びる。地鉄は小板目柾流れ粕立つ。刃文は湾れ調子に互ノ目や尖り互ノ目を交え、刃縁には大粒の沸が絡み、刃中足入り、砂流かかり、鋩子は表裏共に直ぐ調に先丸く返る。
製作年代は古くも見えるが、茎を見るに銘を朽ちさせ、敢えて銘を消した痕跡が見られるので、無難なところで室町後期から江戸前期と鑑たい。とにかく踏ん張りついて反り深い姿は優雅で、武器であることを忘れさせます。
当店にて然るべき諸工作(白鞘慎重・上研磨・銀はばき新調)を施しました。鑑定書を付けて出世させ、後世に伝え遺して頂きたい一刀です。

裸身重量735グラム。

NHK 歴史探偵 ~国宝と東博150年~  10月19日放送です

歴史探偵

歴史探偵

 

放送日時:10月19日(水)22:00~22:45(NHK総合)

・再放送:10月30日(日)18:45~19:30(BSプレミアム)

・NHKワールドプレミアム(海外放送):本放送と同時間

・NHKプラス:本放送時インターネット同時配信。本放送直後から7日間見逃し配信。

・NHKオンデマンド:放送翌日から1年間ネット配信。(有料のサービスです)

 

是非御覧下さい。

京都ぶらり歴史探訪 「京の名刀めぐり〜髭切 膝丸 薬研 一期〜」 10月12日20時放送

いよいよ明日放送です。( 10月12日(水)夜8時〜)

「京の名刀めぐり〜髭切 膝丸 薬研 一期〜」

是非御覧ください。

肥前住播磨大掾藤原忠國 ~脇肥前を代表する名工~

肥前住播磨大掾藤原忠國 ~脇肥前を代表する名工~

□□住播磨大掾藤(以下切)(藤原忠國)
– □□ Harima Daijo Fuji(cutted below)(Tadakuni) –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/1526/00.html

忠國は初代忠吉の弟である吉家の子で、名を橋本六郎左衛門と言いました。初名は廣則。寛永11年に播磨大掾を受領し、忠國と改名します。はじめ播磨大掾の磨を摩と刻銘し、作品は寛永頃から寛文にかけて残されています。老後は播磨入道休鉄と称し、播磨大掾藤原忠國、肥前住播磨大掾藤原忠國、肥前住播磨入道藤原休鉄などと銘切りしました。
彼は肥前国の脇肥前と呼称される一派の中でも特に抜きん出た存在であり、虻の目と言われる独特の互の目刃を焼くことで有名な刀工です。

この刀は磨り上げられて銘の一部を失うも、元先の幅差開いた上品な姿を留めており、地鉄は小板目がよく練れて詰み、地沸付いて地景入り、刃文は匂口明るく冴え、湾れ調子に互ノ目を交え、足入り、細かな砂流が見られ、金筋入り、湯走を見せ、鋩子は直ぐに先丸く返り、手元重心でバランスが良く、美しさだけではない実用の美を感じさせます。
特筆すべき鍛錬疵も無く、特別保存刀剣鑑定も合格するものと思われます。出来は本当に良く、磨り上げられた事と、明治期にサーベル拵にかける都合で、茎の棟方を落とされていることこそが惜しまれるものの、刃長は二尺三寸としっかりあり、鑑賞刀としての力は十二分に持ち合わせています。
現状では目立たぬ程度の曇りが見られますが、現状でも鑑賞に支障はございません。既製鞘に納まりますので、店主町井勲監修の武用拵を新調してお納めすることも可能です。手元重心でバランスが良いので、

裸身重量630グラム。