備前國住長船(以下切)(清光)

備前國住長船(以下切)(清光)
備前國住長船(以下切)(清光)
– Bizen no kuni ju Osafune (cutted below)(Kiyomitsu) –
 
室町時代後期の備前長船の刀工、及びその作刀を総称して末備前と呼称します。中でも清光を名乗る刀工は数多く、五郎左衛門尉・孫右衛門尉・与三左衛門尉・彦兵衛尉・孫兵衛尉などの俗名を冠する刀工の存在が確認されており、祐定、勝光、忠光と共に末備前を代表する刀工の一人として著名で、比較的直刃の作刀が多く残されています。中でも五郎左衛門尉・孫右衛門尉の両名が最上工として名高く、数多の戦国武将に愛されました。
 
この刀は元先の幅差頃好く開いて中切先延びごころ、重ねが厚く、刃肉の豊かについた堂々たる体配で、小板目杢交じりの地鉄がよく練れて詰んで精美で淡く映りごころも見られます。刃文は清光然たる直刃で、匂口は明るく、互の目を交え、刃中には足や葉が入り、随所に顕著な金筋や砂流しを見せるなど働きが盛んで、鋩子は焼き幅たっぷりと直ぐにほぼ一枚鋩子に近い感じで先丸く返っています。
特筆すべきは室町時代の作品でありながら8mmの重ねを残し、刃肉が豊かについた頗る健全な状態であり、磨り上げられて個銘が失われていることこそ惜しまれます。指裏の鎬地に鍛え筋がありますが、現代の研磨技術ならほぼ判らなくなる程修復が可能です。
現状では打粉による長年の手入れによって拭いボケしており。地刃の明瞭さを失っていますが、こちらは化粧直しで再びパリッとなります。
手元重心でバランスが良く、美的観点のみに限らず、扱い良さも感じさせる逸品です。上述の通り、鎬の鍛え筋を修復の上、是非とも特別保存刀剣鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量753グラム。

無銘 ~島根県大名登録刀~

無銘 ~島根県大名登録刀~

無銘
– Mumei –
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/1486/00.html

元先の幅差開いて中鋒、反り浅く所謂寛文新刀体配。地鉄は小板目杢交じり、よく練れて詰み地景入る。刃文は匂口明るい互ノ目丁字乱れで、刃縁には小沸が豊かに付き、足入り、砂流かかり、複雑に入り組んだ刃取りが様々な変化を楽しませてくれます。物打から先を素人が耐水ペーパーで擦ってしまっているため、はっきりとした様子は判りませんが、鋩子もしっかりと焼刃があります。

附属の拵は素銅地に金着を施したオリジナルの切羽が添えられており、鞘は焦茶系の刷毛目塗りに、小さな渦巻き状の青貝微塵散らしを施した手が混んだ作品。柄にガタツキは無くしっかりとしていますが、鐔鳴りはございます。栗形下部分、漆の塗りに亀裂が入っていますが鞘の割れはございません。鞘を払って構えてみると、手元重心で非常にバランスが良く、扱い良さを感じさせます。はばきは素赤地の二重で、組み合わせた状態での銀着せにつき、分解はできません。 昭和26年5月の大名登録刀であり、しかもこれだけ手が込んだ塗りを施してある点からも、伝来の良さが垣間見られる一刀です。 然るべき研磨を施し、保存刀剣鑑定を御受審下さい。

裸身重量755グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,064グラム。

國継 ~大きな柄の穴が眼を惹く一刀~

國継 ~大きな柄の穴が眼を惹く一刀~
國継
– Kunitsugu –
 
刃長の割に重ね厚めで内反り強く、姿は冠落としの鵜の首造りとし、表に笄、裏に丈比べの二本樋を丸留にし、茎には目釘孔とは別に大きく穴が穿かれています。地鉄は小板目よく練れて柾流れ、地沸付いて地景入り、少しく肌立ちごころ。刃文は匂口明るく冴えた直刃が、焼き幅を揃えて焼かれ、鋩子は先丸く上品に返る。
 
附属の拵は、刀身に合わせて柄に大きな穴を穿いた特異な形状が眼を惹き、柄は鮫の研ぎ出し、鞘は変わり塗りで返角が添えられており、昭和26年3月と、大名登録でも初期の登録であることから、大名、または家老クラス等の上士の指料であったであろうことが容易に窺えます。
尚、本工國継に関しましては、同銘工が複数居るため、いずれの國継かは然るべき鑑定機関の判断に委ねたいと考えますので、是非、内外共に保存刀剣鑑定を御受審下さい。
※物打辺りに目立たぬ極々小の刃こぼれ(当て傷)があります。
 
裸身重量134グラム。  拵に納めて鞘を払った重量172グラム。

目貫2点追加しました

こちらから御覧ください。
https://nihontou.jp/choice03/tousougu/menuki/list.htm

鐔20点追加しました

今回は文政三年の年紀入りの品や、記内コレクター放出品、刀剣趣味初心者にもお求めやすい低価格の品などをご紹介しています。
是非、美術刀剣 刀心WEBサイトにてお写真だけでもお楽しみください。

https://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

備州長船住祐定 ~十六葉菊花紋が伝来の良さを物語る一刀~

備州長船住祐定 ~十六葉菊花紋が伝来の良さを物語る一刀~
備州長船住祐定
– Bishu Osafune ju Sukesada –
反り浅目で元﨑の幅差頃好く開いて切先延びごころ。杢目鍛えの地鉄はよく練れて少しく肌立って映り立ち、刃文は匂口明るく、中直刃調子に互ノ目乱れを焼き上げ、小足入り、刃縁から平地にかけて煙り込むかの如く沸が散り、湯走状を成す。鋩子は表裏共に直ぐ調に先掃き掛けて丸く返る。
 
附属の拵は趣ある変わり塗りで、縁頭には十六葉の菊紋が繊細な彫金技術によって施されている。鐔や切羽もすり替えられること無くうぶのままと思われ、全体的に上品に仕上がっている。切羽は素銅地金鍍金。
惜しいことに鯉口の棟方が欠けていますが、こちらは修復可能。柄にガタツキはありませんが、鐔に遊びがあります。経年劣化によりはばきが弱っているので、観賞用としてではなく、武用刀として楽しまれたい方は、はばきを新調した方が良いかと思います。
手元重心でバランスが良く、縁頭の菊紋を見るに、伝来の良さを感じさせる一刀です。
 
裸身重量811グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,094グラム。

無銘 ~片手打体配の古刀~

無銘 ~片手打体配の古刀~
無銘
– Mumei –
 
元先の幅差開き、切先やや延びごころ。茎は短く、所謂片手打の体配。地鉄は杢目で大肌交じって肌立ち、刃文は湾れ調子に互ノ目を交え、足入るり、匂口は深い箇所、締まる箇所が入り交じり、刃中には地鉄に絡んだ働きが見られ、鋩子は直ぐに先丸く返る。
金着せのはばきが添えられている点からも、上士の指料であったことが容易に想像されます。やや肌の粗いところが見られますが、それも含めて愛玩下さい。
お求め易い低価格でご案内致しますので、お早めにお求め下さい。
 
裸身重量503グラム。

無銘(青龍子兼次) ~見事な柾目肌 仙台藩工~

無銘(青龍子兼次) ~見事な柾目肌 仙台藩工~
無銘(青龍子兼次)
– Mumei(Seiryushi Kanetsugu) –
 
初代仙台兼次は七兵衛兼次といい、二代安倫の門人で、寛文・延宝頃に和泉守兼重に学びました。作品は肌物を種々鍛え業物として定評があり、二代の次左衛門尉兼次は四代国包に師事して大和保昌伝を学び、以降明治迄代を重ね、五代兼次は、号を盛龍子とも言い、仙台藩工として活躍しました。
 
この刀は五代に当たる青龍子兼次と極めらた一刀で、反り浅目で元先の差が開き、寛文新刀に似たる姿をしていますが、これは斬撃力を求めた結果の姿であり、同工には類似した姿の作品が多々経眼されます。茎は区を送って磨り上げられており、地鉄は同工然たる柾目鍛えで、あたかも素麺を並べたかの如き見事な地鉄に仕上げており、刃文は直刃が地鉄に絡んで随所に長い砂流を見せ、刃縁に細かな働きを遺憾なく発揮している。鋩子は直ぐに先掃き掛けて丸く返る。
 
手持ちは手元重心でバランスが非常に良く、扱い易さを感じさせます。特筆すべき疵欠点も無く、無銘であることと、磨り上げられていることのみが惜しまれる作品。出来芳しいため、再研磨を施し、末永く愛でて頂きたい一刀です。
元々は柄と一体型の木はばきであったものを、数寄者が手持ちの銅はばきに替えたようです。出来良い一刀故にはばきも白鞘も新調してお楽しみ頂きたく、お求めやすい低価格でご紹介致しますので、この機会に是非柾目肌の優品をコレクションにお加え下さい。
 
裸身重量776グラム。

大磨上無銘(金房) ~安さの限界に挑戦!!~

大磨上無銘(金房) ~安さの限界に挑戦!!~
無銘(金房)
– Mumei(Kanabo) –
 
金房一派は大和国にて栄えた手掻末葉の刀工群で、南都宝蔵院の僧兵に数多の刀剣を鍛え、兵衛尉政次や隼人丞正實らが著名。十文字槍で有名な宝蔵院流槍術の始祖、覚禅房胤栄の槍も金房一派の刀工の手により鍛えられました。
現存する作品は、刀や槍、薙刀と言ったものが多く、短刀や小脇指の類は少なく、作風としては元先の幅差が少ない頑強なる造り込みが多く、利刀としても優れていたため、武将達からも厚い支持を得ていたようです。
 
この刀は大きく磨り上げられ、元先の幅差はさほど開かず、切先延びた豪壮な造り込み。地鉄は板目に杢目、流れ柾を交えた地鉄が肌立ち、刃文は匂口明るく冴え、湾れ調子に互ノ目を交え、指表の刃中には葉が顕著に見られ、総体に砂流や金筋が顕著で、一部には匂口が地に向かって煙り込むような景色も見られます。鋩子は残念ながら刃が駆け出しており、直ぐ調に刃取りで繕われています。
茎には朱漆による文字が見られますが、現在では判読不明。
刀剣趣味初心者応援価格として、めいっぱい限界の安さに挑戦しました。ほぼ原価。いえ、写真撮影や編集作業を考えると赤字です。
早い者勝ちです!! お急ぎ下さい!!
 
裸身重量588グラム。

鐔13点追加しました

https://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

お好みの一枚、見つかるといいですね!!